クレジットカードクレジットカードを選ぶ

クレジットカードを選ぶ時にはどの様なところに注意すればいいでしょう?たくさんあるクレジット会やカードの種類のどんなところをチェックすればいいのでしょう?

どのクレジットカードにする

どのクレジットカードにするか悩んだ時は、ランキングサイトが役立ちます。

クレジットカードを選ぼうと思った時に、ぜひとも注意しておくべき点があります。注意すべき点は、クレジットカード選びは慎重にしないと思った以上に損をするケースがある事です。損をしないようにクレジットカードのランキングサイトを活用して、クレジットカード選びをすることをおすすめします。

どのクレジットカードでも変わりないだろうという前提で、適当にクレジットカードを選ぼうとする人もいます。クレジットカードを選択する時は、クレジットカードのランキングサイトを使えば、かんたんに比較検討することができます。何にすればいいかわらないという場合は、ランキングで高い評価を得ているカードを優先してはどうでしょう。

逆に言うとクレジットカードのランキングサイトを使わないと、かなり高い確率でクレジットカード選びで失敗してしまう事になります。気を付けるべきは必ず複数のクレジットカードのランキングサイトを参考にするという事です。

クレジットカードのランキングはひとつだけのサイトを見ても本当にそれが正しいかどうか分かりません。どのクレジットカードが多くの人に支持されているのかを知っておくためにも、ランキングサイトを活用することは意味があります。

どのクレジットカードのランキングサイトを見ても上位にランクされているクレジットカードを選べば、ほぼクレジットカード選びで失敗しなくなります。

クレジットカード発行時の審査

今までのクレジットカード利用の履歴は、新規のクレジットカード発行時の審査に用いられます。新規のクレジットカードをつくりたい時には、カード会社に申込み手続きを行いますが、会社側は審査を行って、カードを発行するかを決めます。

審査の時に、今まで利用した金融商品の中で、返済を遅らせたり、債権整理等をしてはいないかが、信用情報会社への紹介で調べられます。自己破産後5年経過していない人や、他のクレジットカードでキャッシングを行って、その支払いを延滞したことがある人などは、クレジットカードの申込みが認められず、審査に通らない場合があります。

もしも、カードローンやキャッシングを利用したことがあり、月々の決まった返済金額を支払うことができずに、遅らせてしまったという経験がある人は、新規のクレジットカード発行がほぼ困難です。銀行業界においても、消費者金融会社などの貸金業界においても、それぞれ信用情報機関があります。

クレジットカード会社は、返済トラブルを起こさない顧客を見極めてカードの発行を決める関係上、キャッシングの利用履歴を確認することは必須のことです。そのため、カードローンや、キャッシングサービスなど、クレジットカードと直接関係がないようなことでも、金融会社への返済に関することなら、信用情報会社は情報をとして管理しています。

延滞や自己破産などの事故情報は、キャッシングやローン関係の話に限らず、スマフォなどを分割で買った時に返済が長期間滞ると、そういった情報も残ります。クレジットカードの申し込み時での審査が通りにくくなるかどうかに関わらず、適正な利用を心がけて、支払い延滞にならないように気を付けましょう。

信用情報会社には、クレジットカードの申込み手続きをしたという事実も、記録されています。短期間に複数のクレジットカードの申込みをした場合も審査に通りにくくなるので注意が必要になります。